東洋のXXタイプです。
ここまで激しい色落ちさせるほど履きこむ事は、
近年では、まずないので、
加工ものはアリガタイですねぇ〜

程よく太いので、履きやすいです。(´ー`)/
デニムが緩いので、7分TEEをパツパツに着てあわせてます。


コレはもう少し履きこんで
全体を馴染ませてから、
更に自分でペンキ加工をしようかなぁ〜
と思ってます。
















東洋のLEEモデル。

 LEEタイプのクラッシュデニムって、
 なんとなくですが、めずらしい気がしますね。。

 ディアシャツとかテイラードJKTとか、
 あるいはレザーコートとか、カッチリとした服には、
 クラッシュデニムとかで、少し乱した方が、
 バランスがいいように思います。




















ダブルワークスの加工デニム


ウエアハウスは加工がさりげなくていいですねぇ〜













JELADOのブラック。
 生地はあまり好みではないけど、
リペアのディテールがいい感じなので気に入ってます。(´ー`)/


































オムニゴット



これは生地はそんなに好きではないのですが、
 サイズ感や色合いとか、なんとなく使いやすいので重宝してます。


 モノとしてはWAREHOUSEやドゥニーム等の王道レプリカメーカーの方が
 迫力はあるとは思います。
(優れているといっても、いい位、モノとしてのクオリティに差はあるとも思います)

 けれども、マッコイ等の王道的な古いデザインの革ジャンに合わせるときには、
 こことか、45RPMとかジョンブルとか、
 程よく緩いブランドの方が、
 バランスがいいように思うですよねぇ〜

 いい感じにヌキがある
「例えば、上か下どちらかが、多少サイズUPしてるとか」
「ベルトの穴がサイドによってるとか」
「TEEや小物類に1箇所違和感があるアイテムがまぎれこんでるとか」
 方が、服を着慣れている印象があるように見えるんですよねぇ〜



























2サイズデカイので、
腰バキというより、ケツ履き。






ジョンブルも加工技術は高いですね。









































Ads by TOK2